なめてました、出産の痛み。

出産の時の痛みを鼻からスイカが出てくる、なんて言いますが、正直「大げさじゃないか」と思っていた私。昔から痛みには強い方で、膝を10センチ近く切り大量出血しても、そのまま自分で止血をして出勤するくらいの強者でした。

ベルタママリズムの特徴や飲み方や?私の口コミ体験談を写真付きでレポート!

そしてとうとう訪れた陣痛。夜中にふと、生理痛に近い疼くような痛みを感じ、いやいや、予定日より10日以上も前だから気の所為でしょ、と思っていると、そこから地獄がスタートしました。徐々に強くなる痛みに脂汗をかきつつネットで「陣痛 出産まで 時間」と調べて、まだまだ出てこないことを知り絶望。痛みが和らぐ体勢などを調べてやってみましたが痛みが強すぎるせいか効果が分かりません。

結局お昼過ぎまで我慢して病院に向かうと、まだ子宮口が3センチくらいしか開いてないとのことで、ショックを受けました。
分娩室にいる間、どうしてもトイレに行きたくなり歩いた道のりは、なんとも言えず遠く感じました。手すりに掴まりながら生まれたての子鹿のような足取りで向かいつつ、今ここにどこでもドアがあれば、とどれ程思ったことか。

とうとう破水が始まってからは、痛みに耐えるため痣ができるほど自分の腕を噛み、精一杯踏ん張って休んでを繰り返し、ようやく赤ちゃんは出てきました。陣痛が始まってから23時間後の事でした。
生まれたばかりの我が子を抱きながら、世の中のお母さんて皆すごい…大したことないなんて思っててごめんなさいと、心から思いました。子供が出てくるんですもの、そりゃ死ぬ程痛いですよね。将来二人目も考えていますが、あれをまた体験するのかと思うと、無痛分娩も考えてみようかなあと思っちゃいます。