ヘアオイルを使った洗髪

髪形を整えたり、髪の乾燥を抑えて潤いを与えたり、ドライヤーの熱ダメージから髪を守るために使われるヘアオイルは、基本的に洗髪後に使用するヘアケアアイテムです。しかし、私の母はこれを入浴前に髪に付けます。その理由は、先にヘアオイルを付けておくことで、髪を洗う時に指が髪に引っかからないからだそうです。

クロハシャンプーの効果と私の口コミ!販売店での市販状況などもご紹介!

また、シャワーである程度オイルを洗い流すことにより、洗髪後にオイルを使った時と比べて、余分な油分が落ちるため、ベタつきが薄くなるとのこと。最初に聞いた時は、ただの思い込みだと思っていたのですが、調べてみるとこれはリバースケアという美容院でも行われるテクニックでした。

ただし、デメリットとして、乾いた髪にヘアオイルを塗り込むのでオイルの吸収が良く、洗髪後に使用するよりも消費量が多くなってしまいます。なので、リバースケアをする頻度は週1回程度にとどめ、髪の量や長さにもよりますが、髪全体よりも毛先を中心にオイルを塗り込むことを意識して下さい。ヘアブラシで全体になじませてから洗髪するのがコツです。

髪がパサつきやすい、洗髪後に髪がきしむ、ヘアオイルのべたつきが苦手という方は、今回紹介した方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?