【1日3食は間違い!?】最新の健康食事方法

最近耳にした驚きのダイエット法についてお話しさせて頂きます。ベルミススリムタイツ

まず第一に、1日3食は間違いだということです。昔からよく1日3食は健康的で体に良い食事法だと言われいています。さらに最近では朝は多め、夜は少なめなど実践している方も多いのではないのでしょうか。誰もが信じて全く疑っていなかった健康法かと思います。しかし、この健康法が間違いであるという情報を得ました。人間にとって1日3食は食事の取り過ぎだという情報がありました。その情報によると、人間の腸は1日16時間は何も入れずに休ませる必要がある。16時間休ませることによって腸の中でオートファジーという機能が働き体内の余計な物質を消化してくれるそうです。つまり今までの1日3食生活では、腸の中に常に何かが入っている状態となり、腸が全く休むことができない状態だったということです。

このことを初めて聞いた時は、1日24時間の中で16時間も何も口にしない時間を作ることなんて無理だろうと思いました。しかしその16時間の中には睡眠時間を入れても良いとのことでした。例えば、1日8時間睡眠をとるとして、就寝時間の4時間前、起床時間の4時間後何も口にしなければ、16時間は達成できます。今のはほんの一例であり、とにかく1日の中で食事おしない時間を16時間作ることが大切なのです。決して難しいことではないと感じました。

この食事法を取ることによって、ダイエット効果だけではなく、さまざまな健康的効果も得られるとのことでした。どうしても空腹に耐えれない時には、素焼きのナッツをつまむのだけは許されるとのことでした。私が初めてこのことを知った時は、誰もが実践しているであろう1日3食が間違いであるということに大変衝撃を受けました。ダイエットを必要としている方に限らず、自分の健康を見直すという意味でも取り組んでみる価値はあると思います。