ココナッツオイルは臭い消しに?口臭以外にも効果があった!

ココナッツオイルとは?

効果あり?ブレスマイルウォッシュを使用した私の口コミやネット上の評判などを紹介!

ココナッツとは、皆さんもご存知のココヤシというヤシ科の植物の実です。

中には、白くプルプルとした果肉部分でもある胚乳→ココナッツミルク。

そして、たっぷりの水分・胚乳汁→ココナッツウォーターです。

ココナッツオイルは胚乳から作られており、抽出の仕方によって変わります。

「ヴァージンココナッツオイル」と「精製ココナッツオイル」に別れるのです。20~25℃以下になることで、白く固まる性質があります。利用法によっては溶かす必要もあります。甘くてベタベタしているイメージがありますね。しかし、溶けるとサラサラとした無色透明で味はしないのです。そのため、食する時も気にならなく口にできます。

ココナッツオイルの効能

食用油で「うがい」をオイルプリングといいます。ココナッツオイルはこのオイルプリングに適した油といえます。ココナッツオイルでうがいをすることで、歯ブラシでは届かない部分にある口内の食べかすの汚れがオイルに溶け出すため、洗い流すことができます。ココナッツオイルには殺菌作用もあります。歯周病予防や口臭予防にも効果があります。すぐの効果というより毎日続けることが予防に繋がります。歯周病と髪は深い関係性があります。

ココナッツオイルは頭皮の臭い消しに?

頭皮の気になる生臭いニオイは、皮脂が毛穴に詰まってしまい、そこに雑菌が繁殖することが原因の一つでしょう。ココナッツオイルはニオイの改善にも繋がります。それはココナッツオイルに多量に含まれているラウリン酸の働きがあるからです。

ラウリン酸とは脂肪酸のひとつであり、母乳にも多く含まれています。そして、強い抗菌作用と抗酸化作用があるのです。このラウリン酸の効果により雑菌の繁殖が抑えられるため、毛穴の汚れを浮かせ取り除くことができます。頭皮ケアにも使えるオイルです。

万能なココナッツオイル??全身アンチエイジングも!

近年は、身体の内面・外面の両方からケアできる万能さが注目され、全身のケアに取り入れる人が増えていますね。

なかでもココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸の分子量が小さいため、他のオイルより浸透率が高いのです。そして、抗酸化作用もありますので、アンチエイジングには効果抜群のオイルになります。また、ココナッツオイル独特の香りが気になる方もいるでしょう。