体の意見と食べたいジャンクフード

以前までは無かったことだが、ジャンクな食べ物を食べるとすぐに吹き出物が出るようになった。

吹き出物もだんだんとグレードアップしていっている。モイスポイントの効果

ポツポツとした肌荒れから、現在ではニキビへと変わったのだ。

普段の食生活は、実に健康的だ。

納豆や豆乳、白米など、和食中心に食べている。

毎日さほど苦でもない。

だがしかし、唐突にジャンクなものを食べたい時が訪れるのだ。

ポテトチップスからラーメン、油物。

食べたい時は我慢せずに食べる。

食べたいものを我慢するストレスは大きいと感じるからだ。

前までは、唐突に食べたくなり、そしてそれらを食べても肌に大きな影響は出なかった。

それが最近では、翌日なんだか体がかゆいなあと、体を見るとニキビができていたり、おでこに吹き出物が出たりするようになったのだ。

キャパオーバーなのだ。と体が叫んでいるのかもしれない。

だが、我慢することによるストレスでニキビができてしまうかもしれないではないか。と私は体に反論する。

反論するも、ジャンクフードを摂取するたびにニキビはできるばかりだ。

いよいよ私は、体の意見を受け入れ、ジャンクフードを減らす努力をしている。

食べたくなったら、基本的な食事をした後に少しだけ食べるのだ。

まだまだ欲望は抑え切れないが、今はこれで少しずつニキビを減らしている。