若かりし頃のにきびについて

丁度高校を卒業し社会人になったばかりの頃のことです。http://www.reteenafest.com/

顔じゅうの、とくに口の周りがニキビだらけになってしまった時期がありました。仕事の関係上、常にマスクをしていたこと、環境の変化、自分のお金が手に入り甘いお菓子をたくさん買えるようになったことなど、要因はたくさんありました。便秘がひどかったのもあるのかもしれません。

とにかく嫌で嫌でたまりませんでした。皮膚科へ行ってみたり、化粧水をぬりたくってみたりといろいろ試しましたが収まりません。

結局、1年以上もニキビだらけの顔のまますごしました。ある時、転勤が言い渡されます。当時の職場の人間関係がうまくいかず悩んでいた私は喜んで引き受けました。するとどうでしょう。みるみるうちにニキビが減っていくではありませんか。

私は気づきました。もちろん、お菓子の食べすぎや肌への刺激、便秘だってお肌によくはありません。でも、お肌の一番の大敵は「ストレス」です。その時以来、いかにしてストレスをためない生活をするかということに焦点をおいてすごしています。今でもたまにニキビ(年齢的に吹き出物?)ができることはありますが、見つけ次第すぐにストレス解消に励むためかそれほどひどくならずに済んでいます。